top of page
  • 執筆者の写真’96企画 合同会社

夏休み企画への思い

こんにちは。Liber代表の萩原です。


LiberのTwitterとInstagramに「夏休み企画」と題して理科実験動画の投稿を始めました。私が理科の教師だったのでそっち方面が多いのですが…。


ただ、これを見ていただいて、夏休みの「宿題」にも利用していただけると嬉しいです。

私個人としては「宿題」については、意義・目的ややり方の十分な説明もなく出されるものが多いと感じていますし、自分もそうでした。

どれだけの生徒が納得してやっているかとても疑問に感じています。

読書感想文は特にそう感じます。何についてどう書けばいいのか途方に暮れてしまっている生徒さんも多いのではないでしょうか?


自由研究もそうです。

『「宿題」をやることに意味があるのか?』

『そもそもやる必要があるのか?』

と思いながら、この企画を見てくれた人に「おもしろそうだからやってみようかな?」

という気持ちが生まれてくることを願っています。そしてこの気持ちを大切にしてもらいたいです。

なぜなら、それが「学び」の第一歩だから。

行動に結びつけられるともっといいです。行動すると必ず結果がついてきます。

成功したり失敗したり…それに対して何か考えるはず。

その考えはきっと皆さんの経験として残ることになるでしょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうござました。



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不登校中学生だった私⑥「高校生編」【最終回】

皆さまこんにちは。Liberスタッフ 田村です。 このブログでは、実際に中学時代、不登校を経験した私が、当時感じていたことやしていたこと、どのようにして学校に復帰していったかなどを数回に渡って投稿しています。 今回はその第6回、高校生のエピソードです。 幼少期〜中学3年生までのお話をまだ読まれていない方は、ぜひ、第1回からお読みください! 〜高校生〜 高校に入った私は、初めとても不安な気持ちでした

不登校中学生だった私⑤「中学校3年生編」

皆さまこんにちは。Liberスタッフ 田村です。 このブログでは、実際に中学時代、不登校を経験した私が、当時感じていたことやしていたこと、どのようにして学校に復帰していったかなどを数回に渡って投稿しています。 今回はその第5回、中学校3年生のエピソードです。 幼少期〜中学2年生までのお話をまだ読まれていない方は、ぜひ、第1回からお読みください! 〜中学校3年生〜 中学校生活も最終学年になり、周囲は

Коментарі


bottom of page