top of page
  • 執筆者の写真’96企画 合同会社

不登校中学生だった私① 「幼少期〜小学校低学年編」

更新日:2023年9月1日

こんにちは。Liberスタッフの田村です。

私は、中学時代に不登校を経験しました。

そんな私の経験や不登校に至るまでの過程、当時の想い、やっていたことなどを綴り、数回に分けてブログに投稿してみようと思います。

私の経験や考えが、不登校の子どもたち全員に当てはまるわけではありませんが、

少しでも、今学校に行けなくて苦しんでいる子どもたちや、その子どもたちをいつも近くでサポートしている保護者の皆さまに寄り添うことができれば幸いです。

ここに綴ることはぜひ、一個人の体験談としてご拝読ください。


〜幼稚園時代〜


まず、幼少期に遡ります。

私は幼稚園に行くことが本当に嫌でした。

仲の良い友達や好きな先生、楽しい遊びはあったにも関わらず、私にとって幼稚園は、最初から最後まで「行かなくていいならできるだけ行きたくない」場所でした。


また、幼い頃から病気がちで、幼少期は本当によく熱を出していました。

そのため、幼稚園は休みがちで、おそらく1年の3分の2程度しか通えていなかったと思います。

また、親からの遺伝でめまいが起こりやすい体質でもあり、物心ついた頃からいつもめまいや吐き気と闘っていました。


〜小学校低学年〜


小学校になってもその体質は変わらず、学校は休みがちに。

大人になってから、1年間の欠席日数が30日以上の生徒を「不登校」と呼ぶことを知りましたが、おそらく私はもう小学校1年生から欠席日数は30日を超えていたと思います。

しかし、あくまでも休むのは体調が悪い時だけ。

「行きたくない」という理由で休ませてもらったことは一度もありません。


そんな幼少期から小学校低学年ごろの私は、体は弱かったですが、心は健康だと思っていました。

感情表現や表情が豊かで、よく話し、学校を休みがちにも関わらず、友人にも恵まれました。

また、まだこの頃は学校の勉強も難しくはないので、休んでいても大して苦労せず、理解することができました。

しかし、一人っ子で、歳の近い親戚などもいなかったため、同年代の子ども達と接することに慣れておらず、乱暴な子や、少し強い言葉を発する子がいれば、その都度傷つき、すぐに「もう帰りたい」となっていたのも事実です。


そんな私の当時の逃げ場になっていたのが、保健室。

保健室登校と言うほどではありませんでしたが、学校でもすぐに吐き気やめまいが起きるので、ほとんど毎日、1〜2時間は保健室で過ごしました。

今思えば、長い時間学校で拘束されることや、周囲の雑然とした雰囲気、先生の怒る声などを敏感に感じ過ぎた結果引き起こされる、心因性の症状だったのかもしれません。

小児科でカウンセリングを勧められ、人生で初めて心療内科にも行きました。

しかし、とくに精神疾患を疑われることはなく、通院とはなりませんでした。


〜当時を振り返って〜


今振り返ってみると、この時点で既に、不登校になる要素は十分持ち合わせていたと感じます。


①体が弱く、病気がち

②そもそも幼稚園や小学校が好きではなかった

③同世代の子どもたちとの接し方を心得ていない

④感情豊かな反面、負の感情にも敏感で傷つきやすい

⑤「学校に行きたくない」とは言えない状況(そう言うと行かされるから)


これに加えて、近所に住む祖母が大変心配性で、少しでも私の体調が悪ければ、「学校を休ませて病院に連れて行きなさい」というタイプだったため、休みやすい環境であったとも言えます。

そうして少しの体調不良の度に休むことで、「学校は毎日行って当たり前の場所」という感覚がつかないままになっていました。

それなのに、「行きたくない」と言うと行かされるので、その葛藤や納得できない思いからくるストレスが、体調不良を引き起こしていたのかなと、推察しています。


また、私の家は両親と私の3人家族で、父は普段から仕事が多忙を極め、平日は帰宅が午前様になることもしばしば。

そのため、専業主婦であった母がいつも私の面倒を見ていました。

今思えば、常に体調の悪い娘と一人で向き合い続けていた母の精神的負荷は、きっと大変大きいものだっただろうと思います。


ここまでが私の幼少期から小学校低学年時代です。

次回は、より苦しい状況になってきた、小学校中学年以降のお話を書きたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不登校中学生だった私⑥「高校生編」【最終回】

皆さまこんにちは。Liberスタッフ 田村です。 このブログでは、実際に中学時代、不登校を経験した私が、当時感じていたことやしていたこと、どのようにして学校に復帰していったかなどを数回に渡って投稿しています。 今回はその第6回、高校生のエピソードです。 幼少期〜中学3年生までのお話をまだ読まれていない方は、ぜひ、第1回からお読みください! 〜高校生〜 高校に入った私は、初めとても不安な気持ちでした

不登校中学生だった私⑤「中学校3年生編」

皆さまこんにちは。Liberスタッフ 田村です。 このブログでは、実際に中学時代、不登校を経験した私が、当時感じていたことやしていたこと、どのようにして学校に復帰していったかなどを数回に渡って投稿しています。 今回はその第5回、中学校3年生のエピソードです。 幼少期〜中学2年生までのお話をまだ読まれていない方は、ぜひ、第1回からお読みください! 〜中学校3年生〜 中学校生活も最終学年になり、周囲は

Opmerkingen


bottom of page